ワーホリ中のシェアハウスを効率よく探す方法

ちゃこ
こんにちは。ちゃこです。

ワーホリ中に滞在するであろうシェアハウス。そのシェアハウス先をどうやって探したらいいか、コツはあるのか、おすすめの場所を今回はまとめていきます。

    

そもそもシェアハウスって?

日本で一人暮らしというと、アパートなどに住むのが一般的ですよね。しかし、ここトロントではアパート・コンドミニアムの家賃がとても高い!

なので家賃を抑えるために家を数人で使う「シェアハウス」に住むのが一般的です。基本的に部屋は個室で、キッチン・トイレ・シャワーを共有で使います。物件によってはトイレとシャワーが自室についているところもあります。

シェアハウスとは別にシェアルームというものがありますが、これは部屋を共有で使うので安く借りることができます。しかし、プライベートはほぼない上に同室の方との相性が重要になってきます。

    

どうやって探すの?

よくシェアハウス探しに使われているサイトを、メリットデメリットを合わせて紹介します。

e-Maple

メリット

  • 日本語で募集されている
  • 見学したいと連絡したら割と早くに返信が来る
  • 家がキレイなところが多い
  • 日本人に慣れているオーナーが多い

デメリット

  • 同居人が日本人しかいない物件もある
  • 日本人=英語が話せないと思い悪いことを考えているオーナーもいる
  • 掲示板だけでは家の住所がわからないところもある

Kijiji

メリット

  • 同居人が外国人の確率高い
  • 英語のサイトなので読むだけで勉強になる
  • 家賃がわかりやすい

デメリット

  • 英語だから理解が難しい
  • 契約も全て英語でしないといけないので何かあった時不安
  • 返信が遅い

Craigslist

https://toronto.craigslist.org/

メリット

  • 地図でシェアハウスを探すことが可能
  • 同居人が外国人の場合が多い
  • 英語のサイトなので勉強になる

デメリット

  • しっかり読まないと悪い人がオーナーのところもある
  • 返信が遅い
  • 契約も全て英語なので何かあった時大変

         

このようにe-mapleと後ろ2つで大きく差があります。KijijiとCraigslistの差はあまりありません。Craigslistのほうが地図で検索ができるので少し便利かな。と思う程度です。

 

効率よくいいところを探すコツは?

     

  • 新着順で検索
  • とにかくたくさん内見依頼
  • 依頼だしたところはメモする

先程Craigslistでは地図で検索かけることができると言いましたが、探すときのおすすめは掲示板の新着順で探していくこと。
いいなって思った物件は他の人もいいと感じでいます。なので早くに入居者が決まりやすいです。

そして同時に何軒もインスペクション(内見)の依頼を出して大丈夫です。今日のところがよかったら…など普通日本人ならおもうかもしれませんが、依頼メッセージの返信を返してこない人もたくさんいます。気にせずどんどん見学依頼出して内見しましょう!

内見依頼を出すときは、その掲示板のURLをメモしておくことをおすすめします。何件もメッセージを出すとどこに出したかわからなくなります。(1回わからなくなって焦りました)

    

Twitterを使うのもアリ!

①カナダに行く前から情報収集のためにカナダワーホリ用のアカウントを作り、現在ワーホリ中の人や、同じタイミングでワーホリ行く人をフォローする。

②その人たちとTwitter上で連絡を取り仲良くなる。

③家探しのこととかをこそっと聞いてみる!

運が良ければ「私この部屋〇月に出るから見学に来てみる?」とか写真で部屋を見せてもらえる。それでその家が良いなって思ったらキープしてもらえる!

前任者が知ってる人ってだけで安心するし、その人が住んでいただけあっていいところなのは間違いなし!(《いいところ》の定義は個人差があるので注意!)

    

私がおすすめする立地


どこの立地がいいかって来て過ごしてみないとわからないですよね。

人それぞれ求めるものが違うので、こうだとは言えませんが、安さと生活しやすさを取るなら「ダウンタウン」か「郊外の駅チカ」です!

  

ダウンタウンの理由

これは言わずも理解してもらえると思います。ダウンタウンには仕事もたくさんあるので見つけやすいですし、スーパーもたくさんあります。

ダウンタウンは小さいので歩くのも苦ではありません。物件は確かに少し高い(500-700ドルぐらい)ですが、交通費がかからないので結果安く抑えられます。

郊外の駅チカの理由

郊外の家はダウンタウン内に比べてかなり安いです。400-550ドルで十分見つけることが可能。

家賃に加えてTTCのマンスリーパスが151ドルなので月550-700ドルぐらいで生活することができます。そうなるとダウンタウンに住んでいるのとほぼ金額同じですよね。

「駅チカ」をオススメするのはバスやストリートカーは時間通りに来ないこともある上、待つ場所が外だからです。晴れている日は良いですが、雨の日や雪の日も外で待つのは辛いので…。

    

私のシェアハウス先

参考のために私のシェアハウス先を紹介します。

私は現在チャイナタウンの近くに月650ドルで住んでいます。

    

1階にはオーナーが住んでいて、ベースメントと2階がシェアハウスになっています。ベースメントに住んでいる人とは会うことがないのでわかりませんが、2階部分に住んでいるのは私と日本人1人と中国人1人です。

私の部屋は主寝室なのですごく広いです。ベッドはダブルサイズ!シャワー&トイレもきれいなので満足しています。

ただ、キッチンにフライパンや食器等はなかったので、買う必要がありました。(シェアハウスメイトが貸してくれているものもあるので自分で買ったのは、お鍋・どんぶり茶碗・スプーン・フォーク・まな板などです)

また、部屋の見学に行った時はベッドに布団等もついていたのですが、入居のタイミングでは全てなかったです。これはオーナーに連絡したら使っていないものを借りることができたので問題はありませんでした。しかし「今日は用意できないから明日ね」と言われたので1日目は寒い中ダウンを布団代わりにして寝ることに…。風邪をひかなくてよかったです。

      

まとめ

効率よく探すポイントは【掲示板の最新情報をしっかりチェックしておく】こと!e-mapleでも英語だからって読み飛ばさない!あとは見学に行けるだけ行って、自分がそこで暮らせるかどうか実際に見てくださいね。

もちろん郊外の駅チカの家に住みながら、家の近くで仕事が見つかれば1番費用を抑えることができます!(ダウンタウンにある安すぎる物件は良くないことが多いので注意!)

家探しはタイミング次第なので、いいところが見つかるまで根気よく探しましょう!私は運よく3日目でここのオーナーと契約することができましたが、探している間はたくさん検索してメッセージを送っていました。

     

トロントで生活するに当たって3本の指に入るぐらい大切な家探し。焦らずに自分の住みたいところを探してください。