セブ留学中風邪をひいたらどうしたらいい?

 

こんにちは。セブ留学5週目の終わりにルームメートから風邪を移されてしまったちゃこです。

サウスピークは週に1度先生が訪問してくれますが、タイミング悪く私はその日の後に風邪をひいてしまったので、学校のスタッフに報告してセブドクターズホスピタルに行きました。

その時の様子をまとめたいと思います。

 

学校スタッフに連絡

 

日本から風邪薬を持ってきていたので、早めに飲んでゆっくり寝ていれば治るだろう…と思ってそうした私…

無理でした!

なので次の日の昼にスタッフに連絡して、病院の予約を取ってもらいました。

サウスピークのオリジナル校から病院まではタクシーで約5分。50ペソでした。(元気なら正直余裕で歩けます。)

 

病院に着く

 

サウスピークオリジナル校から行くと、ジャパニーズデスクがある側と反対のところで降ろされます。なので、病院の中に入ってまっすぐ進み、反対側の出入り口まで出ましょう

出入口出て左手すぐにジャパニーズデスクがあります。

 

ドアは中から開けてもらわないと開かないので、ベルを押して待ちましょう

 

病院に行くときに必要なものは

  • 海外旅行保険証明書

 

クレジットカード保険の場合

  • クレジットカード
  • パスポート

 

クレジットカード保険の場合、事前にカード会社に連絡しないといけません。
なのでネット環境があるところで、どこに電話をかけるかは検索しておくことをおすすめします。

今回私は電話しないままで行ってしまいましたが、病院の方が連絡を取ってくださって保険を使ってキャッシュレス診察受けることができました。

ですが、事前に連絡しておいたほうがスムーズです。

 

保険金請求委任状・同意書と簡単な問診票を書いて待ちましょう。

 

診察

 

先生に英語で説明しないといけない!?

いいえ。大丈夫です。日本人スタッフがついてくれますので、ちゃんと通訳してくれます。(結構身振り手振りで理解できたりしますが…)

そして私が言われたのは…

「今日は本当にベーシックな薬しか出さないから、飲んでも良くならなかったら明日来て。」

まじか!
薬1回飲んだだけで良くなるもんなん!?

半信半疑で晩御飯後すぐ薬飲んで寝た私…

 

(ちなみに薬の説明はこのように日本語の紙でいただきます↓)

 

次の日

はい。治ってません!(そりゃそうだ)

むしろ風邪悪化したなーって感じがしたので、朝病院に行きました。

 

診察(2回目)

 

朝から計画停電が始まっていたので予約の連絡を入れることができませんでした。
なので予約なしで病院に行きましたが、みてもらえました。(2回目行ったのは土曜日)

宣言通り、採血・検尿に加えてレントゲン胸と顔を撮りたいと…。

採血は特別うまくもなければ下手でもありません。普通。

採血した場所

検尿はプラスチックケースに入れます。線も引いてくれるので特に日本と変わりませんが、例のごとくトイレにトイレットペーパーはないので持って行きましょう

レントゲンは「え?ここで撮るの?」ってぐらい書類であふれている部屋で撮りました。まぁ、ちゃんと撮れてるならOK。

全て検査が終わって言われたのが、結果が出るのは月曜ね。

…。
(土日の間に薬飲んで寝て治したかった!)

仕方ないので、月曜の夕方に検査結果と薬をもらいに来る予約を取って帰宅。

 

まとめ

 

留学中、風邪ひきたくない!って思っている方がほとんどだと思いますが、もしかかってしまったら、すぐに病院でみてもらうことをおすすめします。

そのためにも必ず保険には入ってきてください!
3ヵ月以内の滞在ならクレジットカード保険で十分かな。とも思います。

サウスピークの往診やセブドクターズホスピタルはエポスカードでキャッシュレス診察OKでした!

キャッシュレスだとすごく便利です。私たちがすることは連絡することと委任状書くことだけなので。おすすめです!

体調には気を付けてお過ごしください♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です