海外で初1人暮らし!カナダワーホリ中に買った調味料や日用品紹介

こんにちは。トロントに来て初めて1人暮らしをしているちゃこです。

日本に住んでいたときは実家暮らし。セブでは3食・掃除・洗濯付きの生活を送っていた私は、トロントワーホリで初めての1人暮らしを経験しています。

私のように、ワーホリに行くことで初めて1人暮らしをする!という方も少なくないと思います。

初めての海外1人暮らしで、「何が必要?」「どの調味料買っておけばいい?」「どの大きさ買えば1年以内に使いきれる!?」など、はじめは不安に…。

そこで本記事では海外×1人暮らし初心者の料理関係、主に購入した調味料や調理器具をご紹介します!

ワーホリ中に購入した調味料

  • 塩コショウ
  • 砂糖
  • サラダ油
  • しょうゆ
  • 料理酒
  • お酢
  • ポン酢
  • ケチャップ
  • オリーブオイル(写真外)
  • コンソメ
  • 中華スープの素
  • メープルシロップ

コンソメは現在、日本から送ってもらったものを使用していますが、到着したすぐからしばらくは現地のものを使っていました。

しょうゆ、料理酒、お酢、ポン酢などの日本の調味料は中国スーパーや韓国スーパー、日本スーパーで購入可能です。

見てもわかるようにお酢はなかなか使うことがなく減っていません。なぜ購入したのか不思議なくらいです。日本の調味料だからと衝動買いをせず、自分の料理スキルに合わせて調味料の購入を検討しましょう。

ワーホリ中に購入した調理器具

  • フライパン(Minisoで購入)
  • 手付き鍋(中華街で購入)
  • ヘラ(Dalaramaで購入)
  • 泡立て器(Dalaramaで購入)
  • まな板(Dalaramaで購入)
  • 包丁(Oomomoで購入)
  • トースター(ウォルマートで購入)

私が住んでいる家は調理器具付きではありませんでした。その為購入する必要が必須。予想外の出費でしたが、『自分の新しい調理器具』がとても便利だったので、買ってよかったです。

またお皿やコップは家にあったのですが、せっかくならと私専用のものをDalaramaで購入しました。※Dalaramaは日本の100円ショップのようなお店です。$1~の商品が売られています。しかし、質はあまりよくありません。(安かろう悪かろうです)

トロントに来て日用品を一度に大量購入するときは、トロントにある日本の100ショップ「ICHIBAN Living」か「Oomomo」に行くことをおすすめします!日本の100円ショップの品質は値段以上に価値があるものだと海外に来て心底感じる日々です。

その他日用品や常備食

  • 大ビニール袋(ゴミ袋用)
  • 小ビニール袋
  • ジップロック
  • プラスチックラップ
  • アルミホイル
  • テーブルクロス
  • お米「雪花」
  • 小麦粉

お米は「雪花」を使っています。一度韓国スーパーの1キロ$3のお米を使いましたが、使い勝手がよくなかったです。というのも、このお米は温かいときはおいしいのですが、冷めるとカッチカチに…。お弁当でごはんを持って行きたかったのに、お冷ごはんが食べれたものじゃない。というのは困りました。

なので、一時期働いていたラーメン屋さんでも使用されていた「雪花」に変更しました!お冷ごはんでもおいしいので満足しています。

 

番外編:あると便利「ライスクッカー」

これは日本に住んでいる母親に頼んで届けてもらったものの1つ!ライスクッカー!

ライスクッカーはとっても便利。これは日本の100円ショップで購入できるものです。家に電子のライスクッカー(炊飯器)がないため、しばらくは手付き鍋で炊いていました。

しかし、私の鍋は1つしかなく、ご飯を炊いている時は他の調理器具、すなわちフライパンしか使えるものがなかったのです。このライスクッカーのお陰で料理時間がかなり短縮されました。

悲報。優れものだと思っていた100円ショップのライスクッカーですが、普通のどんぶり茶碗でも炊くことができました…
→【ワーホリ】炊飯器なし!?簡単にご飯を炊く方法3つ紹介

カナダのスーパー紹介

それでは食材は安く買いたい派の私が、よく行くスーパーは下記の3つです。

  • FRESH CO(フレッシュコー)
  • Wallmart(ウォルマート)
  • Kai Wei Supermarket(華隆超級市場)

主に行くスーパーは家の近くにあるFRESH CO。比較的安く食材を購入することができます。

どうしても日本のものが食べたい・キャベツが食べたいときはKai Wei Supermarketに行きます。中華系のスーパーですが、日本の商品も扱っていて、見ているだけで楽しくなるスーパーです。(FRESH COのキャベツは日本のものと種類が違うため注意)

カナダワーホリ中の自炊メニュー

実際に私が作っていたメニューを紹介します(これでも初めの数ヶ月はしっかり料理していました)。

カナダのスーパーでお肉を買うと、1パックの量が多いため1週間同じお肉が続くことがほとんどです。

そこで私は1パックのお肉を買って、毎日違う味になるように料理。

例えば、鶏のひき肉を購入

  • ハンバーグ
  • 肉団子
  • そぼろ丼

豚のロースを購入

  • 生姜焼き
  • とんかつ
  • 他人丼

など。そして作っているのは主に和食です。トロントに来たからといって、練習なしに海外料理が作れるようになるわけもなく、作りなれている&食べ慣なれている日本の料理を作っていただいています。

まとめ

トロントで購入した料理に使うものと、作ってきたものの一部を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ワーホリに今来ている人やこれから来る人の参考になれば幸いです。