海外旅行前に準備しておきたい5つのポイント!

 

 

こんにちは。ちゃこです。
今日は私が格安、かつ安全に海外旅行をするために必ず準備していることをまとめます。

 

①スーツケースにネームタグをつける

ネームタグをつけるのは良し悪しがあると思いますが、英語初心者ならつけることをおすすめします。

もしロストバゲッジしたときにきちんと説明できますか?

日本へ帰る時にロストバゲッジしてしまったならまだいいですが、海外に行くときになったら英語でなくなったことの説明、その後のやりとりをしないといけません。

その時に役に立つのが自分のスーツケースの写真ネームタグ

そして次の②でも書きますが、もしなくなったら…ということを考えて事前にロストバゲッジ用の英会話例を確認しておくとより安心できます。

 

ネームタグは簡潔に。

名前(ローマ字)

電話番号(+81 90-1234-5678)

※国際電話は+81の後0を消したものが番号となります

 

 

②自分に必要な指差し表作成

今は各国の指差し会話の本が販売されています。
ですが、今回は「格安」がテーマですので、これも自作しましょう!

自作は簡単!
行く国の言葉+話したい事」を検索するだけ!
今やネット社会です。たいていの国は観光で必要な言葉をまとめてくれている記事があります。それらを見て、必要なものだけコピーし、Excelやwordに貼り付けいて印刷する!簡単です。

自作するメリット
  • 自分で作るのでどこに何が書いてあるかわかる
  • 自分がほしいものだけピックアップできる
  • かさばらない
  • 行くのがより楽しみになる
  • 行く前に向こうでの行動が想定できるので安全・安心

また、ホテルの名前・住所+「ここ連れて行ってください」と現地語で書いたメモを用意しておくと、タクシーに乗った時に便利です。(タクシーの方が必ずしも英語ができるとは限らないので)

 

 

③ホテル周辺をGoogleストリートビューで確認する

空港からホテルまではどうやって行きますか?

タクシー?ピックアップバス?電車?シャトルバス?
色々な方法があります。タクシーみたいに空港からホテル前まで連れて行ってくれるものは大丈夫ですが、電車やバスのようにホテル近くまでしか行かないものは、そこからホテルまでの道をストリートビューで確認しておくことをおすすめします。

友人が2時間近くさまよった記事はこちら

パニック⁉初めて一人で海外に行った時に起きたこと《友達編》

2018年8月6日

地図で確認したから大丈夫。と思わずに、ホテルの外観ホテルの周りにあるものを見ておくこと迷わずに着きます。スーツケースをもって知らないところを歩くのは大変ですし、なにかあったとき怖いですよね。不安そうに歩いていたら、スリやだまし、ひったくりに合うかもしれません。それらの可能性を低くするためにも予習をしておいて、スタスタ歩きましょう。

 

 

④実際に観光する想像をする

行きたい観光スポットはいくつもあると思います。
そこにはどうやっていきますか?
電車やバスを使う場合は切符の買い方を予習しておきましょう。

YouTubeで「行く国+電車+切符の買い方」と調べると簡単に出てきます。(便利な世の中ですよね~)

ローマ観光に行った時は券売機にジプシーがいましたが、買い方を予習しておいたおかげでスッと買うことができたので、ジプシーにつかまることなく済みました。多分困ってたらジプシーが話しかけにきたり、おつりを取られたりしたんだろうな。と思います。

ただ、ジプシーがいた場合、その券売機で買わずにちょっと時間置いたり、離れた券売機で買うようにしてくださいね。念のために。

 

 

⑤飛行機の乗り継ぎ方法確認

これは飛行機を直行ではなく乗り継ぎした人だけに必要なことです。

乗り継ぎ方法を確認しておくことをおすすめしますなぜなら、わからなくなったときにWi-Fiが使えるかどうかはわからないからです。特に大きな空港でターミナル変更があるときは要注意!
乗り継ぎ方法も「○○空港+乗り継ぎ方法」と検索すれば出てきます。(便利な世の中ですよね~2回目)

 

 

まとめ

 

以上が私が海外旅行前に準備・予習しているものです。今回は「旅行前に」ということでしたが、旅行中には、ホテルでできるだけ地図を覚えるようにしています街中で地図を広げていると観光客感丸出しですし、まよってる雰囲気が漂っていたら、スリや詐欺の餌食です。
危険は一つでも回避したいですよね。

これらの情報がみなさんの役に立てれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です